Nature Farming & Organic farming.

山形ちば吉と自然栽培

自然栽培への想い

子供とお年寄りが喜ぶ作物

「食」の世界に足を踏み入れた当初からいつも願っていたのは、食べると元気になり笑顔が溢れる、そんな野菜が食べたい!ということでした。

そんな野菜を求め、全国の気になった生産者に直接アポイントを取り、様々な作物を食べてきました。

そうしてたどり着いた一つの答え。
それが「無肥料・無農薬」で栽培された自然栽培の作物でした。

そして、出来るだけ多くの消費者に、出来るだけ安心な野菜を食べてもらうことで、未来の日本の農業を守り、自給率の向上に繋がっていくと願っています。

日本の未来の農業を守る為には、これからの時代、消費者と百姓との線を「細く強く」していくことだとおもいます。

種へのこだわり

山形ちば吉で栽培する種

現在、流通している種類は「固定種」と「F1種」の2種類で、そのうち、9割以上「F1種」が占めています。

このことから分かるように、最大限の努力にもかかわらず、F1種を利用せざるをえないのが現状です。

そのような場合でも、国産の種、もしくは種子消毒のしていない種を選びます。

どのような種を使用しているかを明示していきます。

因みにF1種とは「First Filial Genaration」の略でFilialとfirstを組み合わせたものです。

2つの違う品種を掛け合わせて作った雑種の1代目のことです。

これからは種を採ることは出来ません。1代限り」のものです。

栽培中の野菜

   mame a0555_000082 wpid-2013-08-09-11-36-13_photo.jpg

無肥料・無農薬へのこだわり

自然栽培(無肥料・無農薬)

当園の推奨する無肥料・無農薬。そのお手本は、野山に自主している山菜や高原などの野草です。

土はそれ自体が何年もの歳月をかけてできた肥料の塊ですので、自然の生態系が健やかに循環していけるように保つことを基本としています。

自然農法というと、誤解されることもあるのですが、種を蒔いたら何もせず放っておくだけのやり方だけでなく、雑草があれば抜いたり、日差しが強い場合には日除けをしたりと、その場所の特質や気候に合わせて畑を見守り、土が自然の循環の中で清浄さを保っていけるお手伝いは人間がやります。

私達が願う事。

「その野菜がもっと欲しい!」

こう言われるのが、百姓にとって何よりの喜びです。

そして、やる気が出ます。

私達は、出来るだけ多くの方に自然栽培の野菜を食べていただきたいと願うのですが、
今の日本の現状では、量が限られています。

日本の農家のうち自然栽培生産者が【1%未満】なのです。

もっと多くの百姓が、無肥料無農薬野菜に取り組まなければ、世の中に出回りません。

いや、その前に、消費者の方々1人1人に

【究極の安全な野菜が欲しい!!】

と、声を上げていただくことです。

【無肥料、無農薬の野菜は飛ぶように売れるらしいよ!!】

と、いうようなことになれば、日本中の農家が真剣に取り組んでいく事になるでしょう。

 


お気軽にお問い合わせください。 TEL 080−5222−3026 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら









  • facebook
  • twitter

Statistics

  • 61033ALL:
Copyright © 山形ちば吉 All Rights Reserved.